JAL AIRTECH
NEXT
FUTURE
次の未来への
取り組み

ひとり一人が
輝ける職場を目指して
JALエアテックでは、女性活躍推進をはじめ、ダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。
女性、障がい者、高齢者雇用、外国人雇用等、多様な背景を持つひとり一人が、個々の能力を存分に発揮できるような職場となるよう、各種休暇制度を設置しており、研修の受講・積極的な休暇の取得勧奨を行っています。
多様な働き方を支える取り組み
女性活躍推進法および次世代育成支援対策推進法の
行動計画に基づき取り組んでおります
より良い会社づくりは
経営から
JALエアテックでは、空港インフラ機能を担うスペシャリストとして、お客さまから一番に選ばれる会社を目指すことを経営ビジョンに掲げ、空港インフラ機能を支えるスペシャリスト集団とし安全運航を支えております。
今後も継続し貢献していくためには、社員とその家族が心身ともに健康であり続けられるよう全社を挙げて取り組むことが不可欠となります。社員が安心して長く働ける環境づくりができるよう、安心安全な職場づくりを目指しており、そのベースとなる取り組みとして、「健康経営」を位置づけています。
「健康経営」を通じて、健康で活力あふれる社員が育まれることで、社員一人ひとりがパフォーマンスを最大限発揮できるよう、健康経営を推進してまいります。
JALエアテックの目指す健康経営
個人と組織の心身の健康に加え、
社会的に満たされた環境を実現することが
JALエアテックが目指す“健康経営”です。